【Kさん 就農に向けて研修中(ブドウ・ごぼう)】 その気にさせる赤磐暮らしメディア おかえり あかいわ【Kさん 就農に向けて研修中(ブドウ・ごぼう)】 その気にさせる赤磐暮らしメディア おかえり あかいわ

menu
work_voice04

【Kさん 就農に向けて研修中(ブドウ・ごぼう)】

ブドウ栽培に興味があり、ブドウの産地としても有名な赤磐市に、ブドウ栽培を始めるために移住しました。今はまだ研修中で、ブドウ栽培をはじめ、他の野菜作り、近所付き合い等を学んでいます。ブドウの作業が忙しい時期は、夜明けと共に作業を始め、日が沈むまで作業が続きますが、学ぶことが多く充実しています。ブドウで収入を得られるのはこれからですが、「おいしい!」と喜んで食べてもられるブドウを作っていきたいと思っています。

work_voice02

【中島さんご夫婦 就農(ブドウ・ごぼう)】

農業を始めようと思ったきっかけは、四年ほど前から休みの日に農業の手伝いに来ていて、作業をする中で自分でもやってみたいと思ったからです。赤磐市に来てみて思った事は、まず一番に人が暖かいという事です。子どもと散歩していると必ず話し掛けて頂いたり、家にわざわざ畑の野菜を取れたからと持ってきて頂いたりと、地域の方達の優しさに触れ、こうした赤磐市の魅力をもっと知ってもらえるように、自分も発信していけたらと思います。

voice_01-1

【岡本さんご夫婦 就農に向けて研修中(ブドウ・ごぼう)】

大阪で開催された移住定住フェアでブドウ作りをしている「是里(これさと)むら」を知り、ブドウ作りがしたいと思い赤磐市に移住してきました。また、農業ならやろうと思えば、生涯現役で続けられる仕事だと考えました。「是里(これさと)むら」では県外者にも心が広くおおらかに受け入れてくれました。今後の夢は、ブドウ農家として一人前になること。その後は、是里ブドウを一人でも多くの人に知ってもらうための手伝いをしていきたいです。

voice_04

発達障がいの子ども(6歳)を育てている松田 紗代(マツダ サヨ)さん

赤磐市には、発達障がいに関する専門の相談機関や、子どもの特性に合わせた訓練を行う事業所が充実しています。また、私が住んでいる地域は周囲の人が優しく、子どもを温かく受け入れてくれます。赤磐市は、子どもに障害があっても、安心して子育てを行えるまちだと思います。

voice_03

Sさん家族

赤磐市は地域をあげて子育てをしていこうという雰囲気がある子どもに優しいまちだと思います。また、空気や水がきれいで果物や農産物がとても美味しいと感じます。仕事の関係で様々な地域に行きましたが、赤磐市は市民の方が優しく、温かく迎え入れてくれる住みやすい地域だと思います。