「赤磐、ふしぎ発見!」 その気にさせる赤磐暮らしメディア おかえり あかいわ「赤磐、ふしぎ発見!」 その気にさせる赤磐暮らしメディア おかえり あかいわ

menu

2017.01.24

「赤磐、ふしぎ発見!」

fushigi_title

 

 

 

 

あかいわ
赤磐市観光案内所

 

 

ふしぎ

赤磐市観光案内所

 

 

はっけん。

赤磐市観光案内所

 

 

ミステリーなハンター、山本です。

ってなんですかこれ?

 

myicon

おかえりあかいわディレクター・O橋

O橋「今回は、赤磐市のミステリアスなパワースポットをPRします」
山本「パワースポット?」
O橋「赤磐には、歴史的にもパワースポットとしても価値の高い場所が結構あって、観光案内でも紹介されているんですが、なぜか地元の人にもあまり知られていないので」

http://www.akaiwa-kankou.jp/rekisi.html

 

ホントだ、これはミステリー

じゃあ女優界イチあかいわ通(自称)のわたくしめが、
特にお勧めの赤磐ミステリーをご紹介いたしましょ♪

 

さあ行くぜ!

タータラッタータータターン♪

O橋「それはインディー・◯ョーンズです」

 

 

 

まずは情報収集!
ここは赤磐市観光案内所、ふれあいの広場「稚媛の里」
稚媛の里

《元気です!人も大地も作物も!》

キャッチフレーズが眩しい…
なるほど、みんな元気なここなら有力な情報が得られそう。

 

出口だけどまぁいっか、おじゃましまーす!
稚媛の里

あやしげな紅い物体が並ぶ・・・
これは早速ミステリーの香りが・・・
稚媛の里

むむむ・・・!!!
稚媛の里

おいC・・・・

O橋「寄り道しない」

 

・・・・
稚媛の里

 

おいCベリーはおあずけ。

笑顔の素敵な店員さんから、
「お店の近くでこんもり盛られた怪しい山がある」という情報をゲット!
稚媛の里

意外にミステリーはあなたの近くに?!
その場所の入り口まで連れていってもらうことに♪
image10

ミステリーまでの距離、、、徒歩10秒!
近い! 燈台下暗しもいいところ!
ooさんありがとうございます!
image11

 

立ちはだかる大きな山、
いざ~~。
image12

ひょ!?
image13

こ!!!!!!!
image14

うおーーーーーーー!!!
謎の古代生物が私の手をよじ上ってきました~~~~~!!

 

O橋「おお、トカゲ」

 

 

とかげちゃああああああああん!可愛い!
触ったの何年ぶり?!
image15

トカゲちゃんを森へ帰し、
登りきった山頂から見えるは、行く手を阻む深い溝といかにもミステリーな向こう岸!

島?
image16

 

ここでクエスチョン。 image17モモり~ん(突然)
image18

『あの向こう岸に見える“島”は一体なんでしょう??』

 

O橋「あ、クイズ形式で行くんですね」
山本「ええ、ふしぎ発見♪」

 

 

ちゃらーん♪
時間です。

 

それでは答え。

向こう岸へわーーぷ!
image19

とぅ!
image20

 

生い茂る木々、

 

O橋「まむしに注意!!」

 

ここでひるんでいてはミステリーなハンターの名がすたる。
前進あるのみ~~~!

 

 

想像以上に、穏やかな森の中。

降り注ぐ、木漏れ日~。
森林浴にしばし目的を忘れる。
image21

と、看板を発見!

上から見ると鍵穴のようなこの場所、、、
image22
と言うことで正解は、、、
国指定史跡「両宮山古墳」!でした!

 

全長206mの両宮山古墳。
この辺りでは最も大きな前方後円墳で、5世紀後半に造られたとされています。
image23

この時代の古墳には必ずあるとされている墳丘の葺石が敷かれておらず、
埴輪の列柱も見当たらないという大きな謎があるんだとか、、、。
image24(この長く曲がりくねった木を「リョウグウノツカイ」と名付けました!)

 

いい感じにミステリー。
しかもその謎を解くカギが、「日本書紀」に記された『稚媛(わかひめ)伝説』といわれているとかいないとか。

 

なんなのその壮大な感じ!

 

のどかなこの風景に突如現れる両宮山古墳は、
気軽なハイキングコースとしてもぴったり。

 

おいCいちごをおやつに持って、散策したらいいと思います。
image25

 

ほんとに、、、

「おいC~!」かった。

 

//////

 

ビタミン補給も満タン。

次なる謎よ、かかってこい~!
image26

なんだ!これ!
image27

 

積み上げられた石と・・・穴。
いったい誰が・・・
何の為に・・・
image28

image29
山本「この石どっから集めて来たんだろう。」

 

ミステリーは深まるばかり。
こうなったら、、、

 

コスモ!!!
image30

image31

何も起こりません。
image32

 

依然、沈黙を守り続ける、
積み上げられた石。
かたくな!

 

O橋「説明書きがありますね」
image33

 

積まれた石の正体はどうやら
熊山遺跡というものらしい。

 

 

ここでクエスチョン。 image17モモり~ん(2問目)

 

『このピラミッドのような形の熊山遺跡は、何のために造られたものでしょうか??』

 

 

ちゃらーん♪
時間です。

 

それでは答え。
説明書きを読みます。

 

詳しく書かれていますが、要約すると、

「1000年以上前、奈良時代に造られた仏塔らしいよ」

 

えーと、、、

 

よく分かってないみたいです、、、
image34

 

え?
こんな立派なものを残しておいて?

奈良時代に造られた仏塔、らしい?

 

ま、まあまあ、
これぞミステリーじゃないか。
かなりのパワースポット感あるよ!

 

それにほら。
image35

こんな立派な展望台もあって、
こんなに綺麗な景色が眼前に広がる。
image36

 

絶景~!

 

 

image37

 

他にも
image38

image39

猿田彦、、、

知ってる!
コーヒーが美味しい、、、

 

O橋「違います」

 

挑発的な階段の先にある「熊山神社」
image40

image41

山本「赤磐の発展と・・・、美味しい桃がいっぱい食べれますように。」

O橋「雑念すごい」

 

 

適度な運動にも丁度いい、ゆるやかな山道。
ハイキングがてら、お参りもして、
パワーが充電できそうよ!
image42

 

 

//////

 

のどかな田園風景を走り抜けやってきました。
image43

 

ここより徒歩20分。

岩神神社を目指しましょ。
なぜってそこにはミステリーがあるから、さ!
image44

 

ここは嵐山、、、
ではなくてよ。

涼やかで気持ちいい!
image45

山本「なんか私、今日ずっと山登ってません?」

ミステリーは町でおこってんじゃない。
山で起こってんだ!
image46

 

ところどころにたてられる看板、
ミステリーへのミチシルベ!
image47

目の前を横たわる大きな木が行く手を阻む!
タータラッタータータターン♪
image48

とうっ!
image49

 

おどろおどろしく真下を指差す矢印。
ミステリーは私たちを惑わす
image50

本格的にアドベンチャー感が出てきた道を進む。
image51

今度は真上を指差し、翻弄する矢印。
どんな手を使っても辿り着かせない気だな?
image52

山本「20分っていってたけど今何分ですか?」
image53

楽しいからいいですけど。
image54

 

 

間違いなく20分以上経った頃、、、

山本「あれは!!」
image55

着き、ました?
image56

 

ゆるぎ岩とは、、、

「岩神神社のご神体である巨岩群の一つ。舟型の石(長さ5m)が台石と一点で接し支えられ、揺り動かすことができるため、ゆるぎ岩と呼ばれている」
image57

 

とのことですが、、、

 

なるほど、分からん。
文章だけではまったく想像できませんね。
image58ただし!
私の揺り動かしたい衝動はかき立てられましたよ。

O橋「どんな衝動ですか。」

 

 

この裏みたい
image59

心の赴くままに、、、

行ってみよう!
image60

コケだらけの岩肌のおかげで、
神秘度がぐっと増してきました。

目的のゆるぎ岩はこの先。
一体どんな代物なのか。
image61

じゃあーーんぷ!
image62

け、険しい、、、
image63

 

 

もしかして、
image64

あれが???
image65

 

 

 

現れし、、、

ゆるぎ岩!!!
image66

きょ、、巨大。
なにがどうなってこうなっちゃったんだ。

想像以上に巨大。
image67

山本「わ! ゆらいでる。」
触ると指先に感じる、ゆらぎ。
この岩、動いてます。
image68

山本「これ大丈夫かなぁ?」

とか言いながら、
image69

楽しくなってヒートアップ。

O橋「もぅその辺で・・・」
image70

インスタ用に、「担いでる風」な写真も撮影してひととおり遊びました。

すごいバランスでこの状態が保たれてるゆるぎ岩、

 

山本「自然の神秘や~~。」

 

 

 

先ほどの社に戻って、、、

 

 

忘れた頃にクエスチョン。image17モモり~ん(忘れてた)

 

こちらの「岩神神社」は、特に「ある境遇」の方々がお参りに来るそうですが、それはどんな境遇の方々でしょうか?

ヒントは「ゆ・る・ぎ」岩♪
image71

 

ちゃらーん♪
時間です。

 

正解はっ、、、

 

「受験生」、でした!

 

 

この岩神神社のご神体は、先ほどの「ゆるぎ岩」。
ゆるゆる揺らいで、落ちそうで落ちそうにないその姿が受験生にとってとても縁起がいいということで、シーズンにはたくさんの受験生や親御さんが合格祈願に訪れるのだとか。

がんばれ受験生!

 

O橋「今更ですが、モモり~んって何ですか?」

 

緩やかで涼しげな道と険しい道、
どっちも楽しめて、
見事なバランスで揺らぐ巨岩で記念撮影して、
合格祈願も出来ちゃう。

穴場パワースポット、見つけちゃった!
image72

//////

 

ミステリーにお腹いっぱいなそこのあなた。
ミステリーはスタミナとの勝負だよ!!

おもむろに渡された、虫あみ。
image73

そして突然現れた、
赤磐最大のミステリー
image74

つまり、、、

山本「これでつちのこ捕まえるんですか~?」
image75

O橋「飲み込み早いな。」

 

と言いますか、、、
ここがつちのこの発見現場ですって?

そもそもつちのこって架空の生き物ですよね?

発見・・・されちゃってるし・・・!

 

O橋「どんな生き物か知ってます?」

 

もちろんですとも!確か、、、
image76

こういうのですよね?
image77

 

O橋「顔?」
image78

裏はこんな感じね、
手が可愛いの
image79

名前は「ツチノ子」
赤磐市のキャラクターとしていかがでしょう?

うん、だんだんいる気がしてきた。
この赤磐のどこかにいる気がしてきた~!
image80

 

ここで、ラストクエスチョン! image17ラストモモり~ん
「つちのこは、存在すると思いますか?」

 

 

ちゃりーん

 

それを決めるのは、あなたです。
いると思えば、いつか出会えるでしょう。

 

 

それにしても赤磐のミステリーは、こんなもんじゃない。
まだまだ、たくさん。
次のクエスチョンはどこにしようかしら?

 

でも、実は地元の人にもあまり知られていないという驚愕の事実を聞き、
ひっくりかえりそうになりました。

 

 

それこそミステリーだよ!
さあ今すぐ、出かけよう!

image81

 

(文/山本真由美)

  • LINEで送る