田園に響き渡る笑い声〜落語女優、元祖住みます芸人に会いに行く その気にさせる赤磐暮らしメディア おかえり あかいわ田園に響き渡る笑い声〜落語女優、元祖住みます芸人に会いに行く その気にさせる赤磐暮らしメディア おかえり あかいわ

menu

2016.08.10

田園に響き渡る笑い声〜落語女優、元祖住みます芸人に会いに行く

kisuke_title

 

 

どうも~、ようこそのお運びで。

 

わたくし、山本真由美でございます。

えー、相変わらずのところでのお付き合いを願いますが、、、

 

 

myicon

(おかえりあかいわディレクター O橋)

 

O橋「なんですかその口調?」

山本「私、落語を少々嗜んでおりまして、落語をする女優だからってんで『落語女優』と名付けて活動をしてるんでございまして」

O橋「つまり落語で言うところの『まくら』の語りってことですか」

 

 

そもそも男性が多い落語の世界。

落語女優にはあらゆる可能性が詰まってるわけなんですが、その話しはまた次の機会を待つとして、、、

 

あーた、すっかりおなじみの赤磐市に、フゥテンの落語家がいらっしゃるっていうじゃーありませんか!

しかも、なーんにもない田んぼのど真ん中で、毎月のように落語の寄席が行われてるって?

 

そりゃもう正気の沙汰じゃないかもしんない。

てやんでぃ!あちきをそこへ連れてっておくんなまし!

 

O橋「分かったからその口調やめてください」

 

 

 

IMG_4238

そんなことを聞きつけ、やってきました赤磐市は赤坂地区。

清々しいほどに山と田んぼに囲まれた、とても気持ちのよいこんな場所に、、、

 

IMG_3912

ホントにありました、「お笑い赤坂亭」。

 

 

IMG_3923

迎えてくれたのは華やかなピンクのお着物が映える、落語家の雷門喜助師匠。

一端の落語に触れる者として、落語の、そして人生の大先輩に、是非お話を伺いたい!

 

 

IMG_4233

山本「いったいなぜここで、落語をやられているんですか??」

 

IMG_4241

喜助「たまたま乗り込んだ新幹線がね、岡山止まりだったんですよ」

 

そんな嘘みたいな本当の話。

終点が別の場所ならこの「赤坂亭」も無く、今の喜助師匠も存在しないわけで、流れに身を任せる様はみごとなフゥテンっぷり。

 

喜助「若い頃にNHKで新人賞を穫ったんですよ、落語で。そのままの勢いでラジオ番組なんかを持ったりしましてね。東京でやってたんですけど、忙しくなるにつれて自分のやりたい落語の方ができなくなった。 若かったというのもありますが、その変化のスピードについていけなくなって、全部やめて新幹線に飛び乗ったんです。」

 

IMG_4231

終点の岡山で下車して、岡山人生がスタート。

そこでもまた不思議なもので、落語を通じて喜助師匠の運命は動いてゆく。

 

喜助「岡山で暮らし始めて、はじめはふらふらしていたんですが、落語のおかげでいろんな良いご縁がありまして。とある旅館で寄席のお仕事をいただいたり、その寄席の噂が広まって、岡山のテレビ局で番組を持つことになったり」

 

IMG_4225 (1)

山本「こちらにいらっしゃってからも、やっぱりご活躍で!」

喜助「おかげさまでね。だけどそればかりやってるとまた東京と一緒になりますからね、同時に岡山で寄席を定期的にやるようになりました」

 

自分の本来の仕事をやらなければと、岡山市で寄席を続けていた喜助師匠。

喜助「ある日、赤坂(現赤磐市赤坂地区)に出前寄席にきたら、当時の町長につかまったんですよ。『うちの町に来てくれ』と言われて。『いい条件でもあれば』と冗談半分でいったら、『家を提供する』って言うんですよ」

山本「町長さん本気ですね」

喜助「それが行ってみるとぼろぼろの家でしてね(笑)。いろいろ中を改装してもらってやっと今の家になるわけですが、住んでるだけでは町おこしにならないということで、寄席をしてお客さんを呼べる場所として『赤坂亭』を作ることになりました」

 

そんな赤坂亭も、2016年の5月で20周年を迎えたとのこと。

 

 

IMG_4241

喜助「ここを作ったのが50歳の時で、岡山に住みだして30年。私こそ元祖の『住みます芸人』ですよ(笑)。おかげさんで、近所から野菜果物頂いて、周りの方には助けてもらってます」

 

街の方々から慕われ、自然と人が集まる。「赤坂亭」は街の社交場にもなってるんですね。

 

喜助「ここには、東西からたくさんの落語家が来るんです」

山本「上方落語と江戸落語を同時に堪能できるのは贅沢ですね」

喜助「日本中探してもなかなかそんな寄席はないですよ、しかも入場料はワンコイン。普通じゃ考えられません」

山本「本当に!私が俳優仲間と寄席をするときも、場所の費用やら何やらでどうしても割高になってしまいます」

喜助「『公営で一番大きいのは国立演芸場、2番目は、ここです』というネタをね、よくやったりします」

 

 

IMG_4230

『赤坂亭』での活動を中心に、落語や講演会でお呼びのかかる全国津々浦々を、忙しく飛び回っているんだとか。

 

喜助「私は創作落語もよくやるんです。何年か前に赤磐市が合併した時なんかも、市内を歩いて見て回って、ネタをね、考えました。観光の助けになればと」

 

今も創作し続ける、進化をやまない喜助師匠の姿勢がまぶしすぎます。

 

山本「亡くなった父も落語家なんですが、私もひょんなことから落語をやらせてもらう機会がありまして、、」

喜助「そうでしたか。じゃあせっかくだから、襲名披露も兼ねて一席やってみますか。ご近所さんも呼んで」

山本「はい!勉強させてください!」

 

 

 

 

IMG_3918

急いで着替えます(一人だとちょっと大変)。

 

 

 

山本「お待たせしました!」

喜助「じゃ、はじめましょ」

 

 

IMG_4021

と、ふかふかの座布団の上に鎮座する喜助師匠、、、

 

ちょっと、これだと、、、

わたくしが真打ちになってしまうじゃありませんか?!

 

O橋「いい度胸してますね」

 

 

IMG_3995

岡山といえばの『桃太郎』のお話をとっかかりに、わかりやすい言葉で、大人も子供も楽しめるお話が次から次へ。

 

IMG_4003

その技術もさることながら、自然体というか、街の方々との信頼関係の成せる技なのでしょうか。いつのまにか、肩肘張らない心地よい空気が出来上がっていて。

場の雰囲気に併せて、いろんな冗談を交えたお話から、なるほど〜っと感心するお話まで、喜助師匠のお噺は飽きることなくみんなを引き込んでいきます。

 

 

IMG_3980 IMG_3982 IMG_4036

しかし、楽しい時間も終わり…。

 

IMG_3985

IMG_4041

喜助「では、次どうぞ。」

山本「は、はいっ」

 

 

 

ひぇ〜!

笑ってばかりですっかり気を抜きまくってました〜!

ものすごく良い感じに温めていただいたとはいえ、、、

やっぱりやりにくいです〜!!!(笑)

 

 

IMG_4079

師匠にも見守られながら…、私も高座にあがらせていただきます。

 

 

IMG_4047

ネタは最近覚えたてだった “悋気の独楽”を やることに

※『悋気の独楽(りんきのこま)』
女性の嫉妬(悋気)をテーマにした上方落語の演目。

 

 

IMG_4087

小さなお客さんには分かりにくいことこの上ないネタですが(汗)。

 

IMG_4127

わたくしがんばりました!

 

 

IMG_4053

喜助師匠のするどい眼差し。

 

IMG_4084

にやり。

 

 

 

IMG_4131

お粗末様でした〜〜!

 

 

喜助「いや〜、思ってたより本格的でびっくりしましたよ。今度また赤坂亭でやったら?」

山本「ほんとですか?ほんとに来ますよ(笑)」

 

 

//////////

 

IMG_4189

即席寄席の後、 喜助師匠が見せてくださったのは『落語家名鑑』。

 

IMG_4195

そこには、父(桂米八)の名前も。

上方落語家の娘として生まれ、落語は身近な存在だったけれど、私が落語に興味を持ったのは大人になってから。

それまでは、あまりに身近すぎたのと、芸の厳しさを真横で見ていたので、安易には触れられない領域でした(今もそうだけど)。

 

私が生まれた年から、落語家でありながらも「曲独楽」(独楽を使った曲芸。江戸時代から親しまれる大衆演芸)という道を選んだ父。

紹介文の初めに、私が今日やった演目『悋気の独楽』の文字があった偶然には驚きました。

 

IMG_4194

 

「自分に無いもの」ではなく「有るもの」に目を向けだせた頃。

女優をしながらも、東京で落語をやるきっかけを頂いたりして、 さすがに黙って、、、とはいかず、 初めて父に『教えてください』と教わった演目は『動物園』でした。

 

 

この日。

初めて、桂文喬師匠に頂いていた名前 『桂喬香』
を名乗って落語をしました。

 

落語×女優=落語女優!

私だからやれることがあるんじゃないかと思っていて、こうして落語をきっかけに出逢えた喜助師匠のお話を伺って、その思いを強くすることが出来ました。

 

IMG_3952

喜助「毎年小学校で寄席をするんですが、子供達がだんだん小話を作れるようになってくるからね。最後にちょっとお題を出すんですよ。そしたら、はじめは簡単なだじゃれだけど、だんだんストーリーを作りた出すから、褒めるんです。褒められると嬉しくて励みになるから、また作る。そしたらおもしろいじゃないですか」

山本「 落語の英才教育ですね!羨ましいなぁ 」

 

 

IMG_4150

とめどなく飛び出す喜助師匠のお話はみんな興味深くて。色濃い人生が血となり肉となり、飽きること無くすべてがお噺に昇華していく。それこそが芸の道なんだなあ。

 

 

IMG_4222

こぢんまりとしたこの街に、街の方々はもちろん日本中から落語家を集めてしまう、とてつもなく大きな人がいらっしゃいました。

 

喜助「私はここにいるんで、気楽にいつでもきてもらって」

山本「はいっ!」

 

 

(文/山本真由美)

 

《喜助師匠に会える!落語の聖地・赤坂亭》
落語家、雷門喜助師匠による月1回の定例寄席(毎月第4土曜日)や、 地区の催しなどでも出前寄席を開演しています。詳しくはコチラ

アクセス
〒701-2203 赤磐市惣分256山陽自動車道/山陽IC車で約30分
お問合せ
TEL/086-957-4824(赤磐市赤坂支所産業建設課)

  • LINEで送る